発達障害は近年注目されるようになって来ました。発達障害を理解する上で参考にして頂ければ幸いです。

<発達障害全般>

発達障害と言っても幅広い特徴があり、個人差もありますが、ここでは大まかに発達障害全般について説明しています。
例えば、相談先や診断の方法、学校での状況、仕事などを通じて、発達障害というものが社会の中でどのような生きづらさにつながっているのかということについて考えていきます。

発達障害全般のページへ

<自閉症>

自閉症は、発達障害においても代表的なものかもしれません。しかし、自閉症については生まれつきであるということはわかっていますが、まだまだ未知数なものがありますし、まだまだ誤解や偏見があるかもしれません。まずは、しっかりと自閉症について知識を得ることが必要になってくるのではないかと思われます。

自閉症のページへ

<アスペルガー障害>

アスペルがー障害は、自閉症に共通した特徴がありますが、知的能力などは平均的、またはそれ以上である場合もあるタイプの発達障害です。こだわりが強かったり、相手の感情を読み取ることが苦手などの特徴がありますが、自分の得意分野では人並み以上の力を発揮して、社会で活躍される方もいらっしゃるようです。

アスペルガー障害のページへ

<ADHD>

ADHDは注意欠陥多動性障害という発達障害の一つです。注意が人よりも散漫になりがちであったり、じっとしていることが難しいなどの特徴があります。特に学校などでは、このような特徴が顕著に現れることも多いかもしれません。しかし、子供は多かれ少なかれ、このような特徴がありますから、安易に決め付けるのは良くありません。

ADHDのページへ

<学習障害>

学習障害は、とりわけ学校で学ぶ、読み書き、計算などの分野が著しく苦手なものがあるという発達障害の一つです。学習障害は障害ですから、努力が足りないという問題でもありません。ただし、学習障害といっても、すべての分野で勉強ができないということではありません。計算だけができない、あるいは書くことはできても読むことはできないなどある特定の分野が苦手であるということが多いです。ですから、良い面を伸ばす、苦手な部分は通常の学び方ではなく、少し学習方法を変えるなどの対応をすることが大事になってきます。

学習障害のページへ

 

Copyright © 発達障害の特徴と基礎知識 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.