発達障害は近年注目されるようになって来ました。発達障害を理解する上で参考にして頂ければ幸いです。

学習障害の子どもとの接し方

学習障害のあるこどもに対しての接し方は、ある程度配慮が必要になってきます。

どうしても障害があると、甘やかしすぎてしまったり逆に怒ってしまうばかりになってしまうこともあるかもしれません。

一番良い学習障害のあるこどもの接し方は、なんでもバランスが大事になってきますが、これが実は一番難しかったりするものです。

ですから、かまいすぎてもだめですが、きちんとほめる部分はほめないと自尊心が育たなくなってしまいます。逆に怒ってばかりいるとこれも自尊心が育たなくなってしまいます。

何でもほどほどにすることが重要になります。

また、親の立場から話す場合は、しっかりとわかりやすく話すということが大事です。

いつも言うことが違ったり、感情的になった言い方をすると学習障害があるこどもの場合は特に混乱してしまいやすいです。

話し方はわかりやすく、方針をしっかりとするという接し方が大事になってきます。

また、こどもの年齢にも配慮する必要があると思います。いくら学習障害があっても当然大人になって自立していかなければなりません。

高校くらいなればある程度は自分でやるようにそっと見守るという接し方も必要になってくると思われます。

 

 

Copyright © 発達障害の特徴と基礎知識 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.