発達障害は近年注目されるようになって来ました。発達障害を理解する上で参考にして頂ければ幸いです。

発達障害

  • HOME »
  • 発達障害

最近では発達障害という障害の名称を聞くことが多くなったような気がします。発達障害についてはそれほど歴史は浅いかもしれませんが、以前からあったものですが、言われるようになったのは最近になってからのような気がします。

発達障害の共通した特徴としては、生まれつき脳の発育上に偏りがあるために、社会生活上障害となる部分が出る障害です。

偏りの障害ですから、ある部分はすごく得意であるのに、ある部分は全くできないなどの波があるのが特徴です。

特に発達障害の特徴として問題となるのは、コミュニケーション、学習、行動、知能、感情のコントロールなどが挙げられます。

コミュニケーションなどはアスペルガー障害などでは特徴的で、知的能力はあるのですが、人の感情や言葉の裏を理解するのが苦手です。

行動の問題では、ADHD(注意欠陥多動性障害)などで特に多動で物事に集中できないということで問題になることがあります。

知能は知的障害として現れることもありますし、感情のコントロールは発達障害ではある程度共通して問題になることがあります。

発達障害の特徴といっても、このように色々あります。障害の種類を見てもそれはわかると思われます。

発達障害の種類の中には、ある部分は共通しているが、ある部分は質が違ったりします。ですから、ちょっと理解がないと発達障害の中の違いを誤解してしまうこともあります。また、偏見からいじめの問題にもつながりますから、知識を共有するということが非常に重要になってくると考えられます。

一つ一つの発達障害の特徴を理解するのは大変なことかもしれませんが、発達障害の理解を促進していって、学校や職場などでも障害がある人でも通いやすい環境を作ることが大事になってくるのではないかと思われます。

 

Copyright © 発達障害の特徴と基礎知識 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.